野菜スープ 栄養 効果

スポンサードリンク

野菜スープの栄養と効果エントリー一覧

野菜スープの効果
生野菜をたくさん摂るのって大変ですよね。もちろん、加熱することによって失われる栄養素というものもありますから、生で野菜を摂るのも大事なのですが、効果的に大量のお野菜をとるとしたら、やはり野菜スープでしょう。生野菜が体内への吸収率が5〜20%であるのに対して、スープにしてしまえば、80%にもなるんです。なにより、野菜スープには、現代人に不足しがちな食物繊維がたっぷりと入っています。食物繊維には、お通じを良くして、腸のなかをキレイにしてくれる効果があります。体内に蓄積されている有害な物質を排出してく...
野菜スープは健康に良い
野菜が健康にいい、ということは、誰でもご存じのことでしょう。とはいっても、毎日必要な量を摂っておられる方はどれだけいるものでしょうか。外食やコンビニ弁当などを利用すると途端に、野菜の摂取量が少なくなります。一日に30品目の食品を摂ることが推奨されてはいますが、実現できていない方がほとんどなのではないでしょうか。野菜をたっぷり摂って健康を保つには、野菜スープが最適です。たっぷりの食物繊維が身体のなかをキレイにしてくれます。食物繊維は腸の調子を整えてくれますから、便秘が解消され、身体の中に長期間溜ま...
野菜スープの栄養
冬といえば、鍋物!という方は、多いのではないでしょうか。レシピは簡単、それでいて、あたたまれるし、お腹にも優しい。ことに、ある程度煮立てたあとの、出汁のきいたスープの美味しさは格別ですね。野菜スープの魅力も、それに近いものがあります。栄養分がスープのなかに溶けていきますから、具よりも、スープの方が美味しかったりするんですよね。ビタミンには、水溶性のものと脂溶性のものがあり、調理している段階で、こういったビタミンが溶けだしてしまうことが多いのです。でも、野菜スープにしてしまえば、溶けてしまったビタ...
野菜スープの成分
スープダイエットで、もっともよく使われる野菜スープのレシピでは、具材として、キャベツ、玉ねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、人参が使われます。これらの野菜にどんな成分が含まれているのでしょう。まず、キャベツと言えば、胃腸の調子が良くないときに効くことで有名ですよね。ビタミンUがたっぷり含まれていますから、粘膜が丈夫になります。キャベツは、生で食べた場合よりも、煮て食べた方が、活性酸素を消去する力が5倍にも増えます。だから、野菜スープにするにはピッタリなんですね。また、玉ねぎは血液サラサラ効果がある成...
野菜スープの保存の仕方
スープダイエットを始めたからには、野菜スープを毎日、あるいは毎食食べることになります。けっこうな量を消費することになるでしょう。ある程度は作り置きしておかないと面倒ですよね。野菜スープの保存は1週間分くらいであれば、冷蔵庫で保存しておいて大丈夫です。鍋のまま保存するときは、アルミ製か耐熱ガラス製を使うようにしましょう。ホーロ、テフロン加工された鍋だと、ホーロやテフロンが溶ける原因となってしまいます。また、野菜スープの風味や栄養を落とすことしたくない、という場合には、冷凍した方がより安心でしょう。...
野菜スープで痩せるには?
野菜スープで痩せるのは、簡単です。ローカロリーですから、普段の食事を野菜スープに換えるだけで、大幅にカロリーを落とすことができます。完全に食事を置き換えてしまわなくても、これまでハイカロリーだった食事の量を減らして、野菜スープを摂る回数を多くするだけでも、減量は実現できるでしょう。ただ、痩せることができたとしても、その体重を維持していくためには、基礎代謝の高い身体をつくることが必要になります。ローカロリーの食事に慣れると、脂肪を燃焼する力も低くなってしまいます。健康的に痩せるには、食事(野菜スー...
玉ねぎスープダイエットとは?
ふだんのレシピでのスープダイエットに飽きちゃった、という時には、玉ねぎスープダイエットをしてみるのもいいでしょう。玉ねぎは、血液がサラサラになる効果があることでよく知られていますが、デトックス効果も高いのです。身体の中の有害物質を排出してくれますから、玉ねぎスープダイエットは、健康にも効力を発揮してくれます玉ねぎを調理する際に気をつけておきたいのは、切ってすぐに加熱したりしないことです。切った直後に加熱してしまうと、壊れてしまう成分があります。室温で15分ほど放っておく、もしくは、電子レンジに2...

王乳